Noble Driver TOKYO 高品質な役員運転手派遣サービスin東京 ≫ 役員車のドライバー選び

役員車のドライバー選び

運転手の教育体制は?

派遣される運転手の教育が行き届いているかは、安全で快適な車内空間による役員送迎を成功させる重要なポイントです。企業のトップ付きの運転手として求められる、安全運転技術や秘書レベルのマナー、地理知識、徹底した守秘義務、臨機応変な対応など、それぞれの車両運行管理会社が運転手育成にどのような教育研修を行っているかは、契約前に必ず確認したい項目です。
ここではどのような理由でそれぞれの教育研修が必要なのかを理解した上で、具合的な内容の説明も行っていきます。

運転手の教育体制を詳しく見る

運転手サービスの
メリットとは?

運転手を運行管理会社から派遣するメリットは様々です。在籍運転手が多ければ、それだけ役員と相性の良い担当が見つかります。また特別な運転技術やマナー教育を受けた役員運転手のプロであること、事故の際の処理も運行会社の事故として処理をしてくれることも魅力的なポイントです。
コストや労務管理などの業務負担の削減も期待でき、頻繁にサービスを必要としない場合は、スポット利用によりそのメリットはさらに大きくなります。

運転手サービスのメリットを
チェック

運転手をクビ(解雇)にする
タイミングは?

様々な理由から、役員運転手をクビにしたいと感じることもあるでしょう。例えば基本事項である安全運転やマナーがなっていない場合、服装などに清潔感がなく企業の役員車の運転手としてふさわしくない場合、守秘義務が徹底されておらず機密情報漏洩のリスクがある場合、臨機応変な対応ができない場合などがこれに当たります。また役員との相性が問題になることもあります。
事前のマッチングや早い段階での見極め方も含め、失敗しないためのポイントもご説明します。

運転手の解雇について
詳しく見る

運転手が持っている資格は?

第一種や第二種普通免許は当然のことですが、役員運転手にはそれ以上の資格やスキルが求められます。安全運転管理者の資格も運行管理を行う上で必要です。万が一の事故や乗車中の役員の体調不良に役立つ救命技能資格も、運転手として取得しておくべき資格と言えます。
またホームヘルパー資格というものがありますが、実は怪我や病気で通院する必要性のある役員をサポートできる重要なスキルです。他に秘書検定による接客マナー・身だしなみや英会話なども役員運転手が必要な資格とされています。

運転手が持っている資格を
チェック

役員運転手派遣で失敗しないためには?

役員運転手選びで失敗しないためにはいくつかポイントがあります。そもそも、運転手選びで失敗したと感じるパターンとしては、運転技術が低い、役員との相性が悪いなどさまざまなものがあります。今後役員のスケジュール管理をスムーズに行うためにも、優れた役員運転手を探したいものです。

そのためには、過去の経験や性格をチェックすることが非常に大切です。あらかじめ確認できる部分については十分に確認し、失敗のない役員運転手選びを行いましょう。

役員運転手派遣で失敗しないためのポイントを
チェック

役員運転手とハイヤーの違いとは?

役員への専属運転手として、役員運転手とハイヤーのどちらが良いかという疑問が出てくる場合もあるかもしれません。この2つには、「役員を乗せ、目的地まで時間通りに送り届ける」と行った基本的な役割は同じであるものの、車両ナンバーの色や必要な免許、業務・勤務形態といった部分に違いがあります。このような違いやメリット・デメリットを確認した上で、自社では役員運転手とハイヤーのどちらの形態を選択するのかを考えてみてはいかがでしょうか。

役員運転手とハイヤーの違いを
チェック

役員運転手の仕事の範囲

役員運転手の仕事は、役員の送迎だけではありません。送迎に用いる車両の整備や掃除も大切な仕事です。送迎する役員が車内で快適に過ごせるように車内を清潔に保つのはもちろんのこと、車両の汚れなども常にきれいにしておく必要があります。

ほかにも、役員の送迎をスムーズに行うために、交通情報の把握することも役員運転手の重要な仕事です。送迎先が初めて行く場所なら、あらかじめ到着までにどのくらいの時間がかかるかを調べておくのも大切でしょう。

役員運転手の仕事の範囲

スポット契約と定期契約の違い

役員運転手の契約形態には、スポット契約と定期契約の2種類があります。スポット契約は1日単位、もしくは時間単位での契約形態で、必要なときにのみ利用するという形です。一時的な送迎やイベントの際の送迎などに適した契約形態だと言えるでしょう。

一方、定期契約は月極、もしくは年単位の長期間に渡る契約形態です。頻繁に送迎の必要性がある場合や、業務上出張が多い場合、取引先が遠方にある場合などに適した契約形態です。これらの契約形態を上手く使い分けるのが、役員運転手サービスをお得に利用するためのテクニックと言えるでしょう。

スポット契約と定期契約の違い

役員運転手の料金相場

役員運転手の料金は、基本料金以外にもさまざまな内訳があります。規定の業務時間を超過した際の超過料金、送迎が深夜の時間帯になった場合の深夜料金、走行距離に応じてかかる走行料金、宿泊が必要になった際の宿泊料金などがあります。これらの料金は役員運転手の派遣会社によって金額が変わるので、事前に調べてお得なところを見つけましょう。

また、定期契約の際には月額料金がかかります。月極の定期契約は一般的に1ヶ月単位の料金がかかることになり、その相場はおおよそ45万円程度となっています。

※参照元:セントラルサービスグループ公式サイト(https://www.central-service-group.jp/info/2021/0420172800193.html)

役員運転手の料金相場

役員運転手と合わない場合は変更可能?

役員運転手が合わない場合は、変更できる会社がほとんどです。追加料金もかかりません。変更するタイミングは、役員と運転手の相性が合わないときや役員の変更があったとき、転居などでエリアが変わったときなどがあります。

依頼側の都合とは別に、運転手が仕事を辞めて変更になることも。良い運転手でも必ず継続してもらえるわけではありません。業者によってはお試し期間やスポット契約ができることがあります。変更の手間を減らすためにも活用したいです。

役員運転手と合わない場合は変更可能?

役員車の車種はなにがベスト?

特定の役員専用なのか複数名で使用するのかなど、状況によって選ぶべき車種は異なります。しかし、基本的には役員の好みと予算を考慮して選ぶことになるでしょう。そして、役員の立場に相応しい車種であることが大切です。

国産車か外国車かを決めて、役員車として人気の車種から選ぶのがおすすめ。トヨタのセンチュリーやレクサスLSなどが人気です。場合によっては取引先や系列会社との関係性を考慮して選ぶ必要もあるかもしれません。役員運転手サービスを利用するときは、どのような車種を取り揃えているか確認しておくと安心です。

役員車の車種はなにがベスト?

運転手サービスのデメリットとは?

役員運転手派遣サービスは、慎重に選ぶ必要があります。企業によって、サービスの内容やクオリティが異なる場合が多いからです。似た内容でも大きな価格差があることも。中には質と料金が見合っていないサービスもあります。複数の企業のサービス内容と料金を比較して判断してください。

業界全体の課題として、運転手不足があります。人員が少ない企業は、依頼しても断られるケースがあることは覚えておくといいでしょう。契約期間も企業によって異なります。いいサービスはあるので、慎重に選んでください。

運転手サービスのデメリットとは?

役員車ドライバー派遣の流れ

役員運転手派遣サービスを利用する場合には、契約までどのような流れで進むのかを知っておきましょう。大まかな流れを知っておくことによって、サービスの利用開始までスムーズに進めることができるかもしれません。
また、契約時に注意しておきたいことについても記事中で触れています。
特に、急いでサービスを利用開始したいと考えている場合には、しっかりと流れを確認しておくことがおすすめです。

役員車ドライバー派遣の流れ

役員運転手派遣のQ&A

役員運転手派遣サービスを利用する場合には、さまざまな疑問が出てくる場合があります。例えば「車は用意してもらえるのか?」「配属された運転手が休暇を取る場合があるのか?」「運転手の変更は可能か?」など、特に初めてサービスを検討する場合には、疑問点が多く出てくるでしょう。
こちらの記事では、そのような疑問についていくつか解説を行っていますので、サービス検討のヒントにしてみてください。

役員運転手派遣のQ&A

役員の社用車通勤は可能?

役員が社有車を使って通勤できるのかという点については、まず社内規定を確認すること、私的利用に当たらないかどうか担当税理士と相談するなどさまざまな検討が必要になります。
また、事故のリスクなどを考えると、役員運転手を雇用するという方法も。ただしこの場合にも、メリットとデメリットの両方をよく考えた上で検討する必要があるといえるでしょう。もうひとつの方法として、役員運転手派遣のサービスを利用する、という手もあります。

役員の社用車通勤は可能?

役員車は必要?メリット・デメリットまで解説

役員車の利用を検討する際には、メリットとデメリットの両面を知った上で検討する必要があります。リスク回避や役員が時間を有効に使える、節税といったメリットがある反面、コストがかかるといったデメリットもあります。
ただ、やはり役員車の利用には多くのメリットがあります。そんな時には役員運転手の派遣サービスを利用することで、役員車のデメリットをカバーできるという点を考慮に入れながら検討するのがおすすめです。

役員車は必要?メリット・デメリットまで解説

運転が上手いのは当たり前。
プラスαの満足度で選ぶ東京の役員運転手派遣サービス

しっかりした教育制度を前提としたうえで、それぞれ費用人材融通でおすすめできる役員運転手サービス3社を紹介しています。

【運転手人材の豊富さ】
で満足度アップ

トランスアクト
  • 3000名近い登録運転士から、適材適所の人材が見つかる
  • 経営者経験を持つ専属コーディネーターの丁寧なヒアリング
  • 秘書サービスと連携したハイレベルな接客接遇教育
運転士数
2834名

※2021年9月1日時点

  • 対応エリア:関東1都3県・名古屋・大阪・京都・神戸
  • 所在地:東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407
  • 電話番号:03-3433-8200

【リーズナブルな料金】
で満足度アップ

トータルドライバーサービス
  • 平日9h/日のロング稼働でおトクに使える
  • 月額定期契約は396,000円~とリーズナブル
  • 最短2時間からのスポット利用も可能で経済的な運転手サービス
スポット料金
(9h・法人)
27,500円~

※通勤費・食事代・通行、駐車料金等は実費

  • 対応エリア:東京23区
  • 所在地:東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館ビル8F
  • 電話番号:03-5777-6633

【雑務対応の柔軟性】
で満足度アップ

ボランチ
  • クリーニング店への持ち込み・引き取りなども可
  • タバコやお酒の買い出しなどのちょっとした買い物にも
  • 動物病院への送迎やペットのお散歩など、幅広い対応力を持つ
対応できる
サービス例
クリーニング
買い物、ペット送迎
力仕事、英会話対応
  • 対応エリア:関東1都3県
  • 所在地:東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田 ドゥメゾン908
  • 電話番号:03-6431-8811

※Googleで「役員運転手派遣 東京」と検索し、東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。運転手の教育制度・利用料金について明記している企業のなかで、「利用料金が最安」「登録運転士数が最多」「運転以外のサービス例が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※登録運転士数:トランスアクトのみ記載有。
※対応できるサービス例:トランスアクトは秘書業務、総務業務、簡単なお買い物の3例。トータルドライバーサービスは簡単な秘書業務、総務業務、英会話対応の3例。
※スポット料金:トランスアクトは38,500円~、ボランチは31,900円~(9h利用・法人の場合。すべて税込)
※掲載されている各情報は2021年9月1日時点のものです。