Noble Driver TOKYO 高品質な役員運転手派遣サービスin東京 ≫ 役員車のドライバー選び ≫ スポット契約と定期契約の違いは?

スポット契約と定期契約の違いは?

役員運転手の契約形態には、スポット契約と定期契約の2種類があります。それぞれ異なる特徴があるので、役員運転手採用の際には、自社に都合の良い契約形態を選ぶことが大切です。このページでは、両者の特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

スポット契約とは?

スポット契約の特徴

スポット契約とは、単発で役員運転手を利用する契約形態です。必要なときに1日もしくは数日間のみの契約となります。場合によっては、それよりも細かく、時間単位で役員運転手の派遣を行っているサービスもあります。一般的に、スポット契約の場合は走行距離と利用時間で費用が決められているのが特徴です。長期間ではなく一時的な会議などの送り迎えのためには、スポット契約のほうが適しているでしょう。

スポット契約のメリット

スポット契約の代表的なメリットは、無駄なコストを削減できる点です。自社で役員運転手を雇う場合、毎月の給与や残業代などの待遇を用意する必要が出てきます。しかし、場合によっては毎日役員運転手の送迎が必要になるとは限りません。その場合でも、月給で契約している場合は当然給与の支払いが必要です。対して、スポット契約なら利用した日数や時間分のコストしか発生しないのです。そのため、そこまで頻繁に役員運転手を必要とする送迎が発生しない場合は、スポット契約で必要なときだけ利用するようにしたほうがいいでしょう。

スポット契約のデメリット

スポット契約では、定期契約に比べてコストは抑えることができます。しかし、役員運転手による送迎が多くなってくると、スポット契約のほうが結果的にコストが割高になってしまうことがあるのです。そのため、どのくらいの頻度で役員運転手による送迎が必要になるのかをしっかり把握して、よりコストを抑えられる契約方法を選ぶ必要があるのです。特に、不定期に、なおかつ頻繁に役員運転手による送迎が必要になる場合は、その都度スポット契約を使う形だと結果的にコストがかさんでしまいます。そのため、場合によっては回数を気にせずに使える定期契約のほうがいい場合もあるのです。

定期契約とは?

定期契約の特徴

定期契約は、月極契約や年間契約といった形で、一定の期間を設けて役員運転手と契約する形態です。役員運転手による送迎が頻繁に必要な会社や、取引先への移動が多い会社に適した契約形態です。月極契約の場合、1ヶ月の費用は45万円程度が相場となっています。車種やドライバーによってはそれ以上の費用がかかる場合もあるので、契約の際にはかならず見積もりをとっておくのがいいでしょう。

※参照元:セントラルサービスグループ公式サイト(https://www.central-service-group.jp/info/2021/0420172800193.html#3-1-1)

定期契約のメリット

定期契約の場合、スポット契約を繰り返し使うよりも総合的なコストは割安になることが多いです。特に、役員運転手による送迎が頻繁に必要になるような会社なら、定期契約のほうが大幅にコストを削減できる場合があります。また、役員運転手やその派遣サービスを長く使って信頼関係を培っていきたいという場合も、定期契約を選ぶ会社が多いようです。ほかにも、今後役員運転手による送迎が増えてくる可能性があるなら、最初から定期契約を結んでおいたほうがいいでしょう。

定期契約のデメリット

定期契約のメリットは総合的なコストを抑えられると述べましたが、常にスポット契約より定期契約がコストを抑えられるとは限りません。会社の状況や時期によって送迎の必要性は変化するので、送迎があまり必要のない時期が契約期間に多く含まれていると、定期契約でもそれだけ無駄なコストが発生してしまうのです。

スポット契約と定期契約のどちらを選ぶべき?

スポット契約と定期契約は、どちらかが一方的に優れているというものではありません。それぞれメリットとデメリットがあります。そのため、自社の状況や役員運転手の必要性、総合的なコストなどから判断して、その時々の状況を考慮して契約形態を選択する必要があります。ある時期はスポット契約、ある時期は定期契約といったように、うまくふたつの契約形態を使い分けてみるのもいいでしょう。

運転が上手いのは当たり前。
プラスαの満足度で選ぶ東京の役員運転手派遣サービス

しっかりした教育制度を前提としたうえで、それぞれ費用人材融通でおすすめできる役員運転手サービス3社を紹介しています。

【運転手人材の豊富さ】
で満足度アップ

トランスアクト
  • 3000名近い登録運転士から、適材適所の人材が見つかる
  • 経営者経験を持つ専属コーディネーターの丁寧なヒアリング
  • 秘書サービスと連携したハイレベルな接客接遇教育
運転士数
2834名

※2021年9月1日時点

  • 対応エリア:関東1都3県・名古屋・大阪・京都・神戸
  • 所在地:東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407
  • 電話番号:03-3433-8200

【リーズナブルな料金】
で満足度アップ

トータルドライバーサービス
  • 平日9h/日のロング稼働でおトクに使える
  • 月額定期契約は396,000円~とリーズナブル
  • 最短2時間からのスポット利用も可能で経済的な運転手サービス
スポット料金
(9h・法人)
27,500円~

※通勤費・食事代・通行、駐車料金等は実費

  • 対応エリア:東京23区
  • 所在地:東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館ビル8F
  • 電話番号:03-5777-6633

【雑務対応の柔軟性】
で満足度アップ

ボランチ
  • クリーニング店への持ち込み・引き取りなども可
  • タバコやお酒の買い出しなどのちょっとした買い物にも
  • 動物病院への送迎やペットのお散歩など、幅広い対応力を持つ
対応できる
サービス例
クリーニング
買い物、ペット送迎
力仕事、英会話対応
  • 対応エリア:関東1都3県
  • 所在地:東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田 ドゥメゾン908
  • 電話番号:03-6431-8811

※Googleで「役員運転手派遣 東京」と検索し、東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。運転手の教育制度・利用料金について明記している企業のなかで、「利用料金が最安」「登録運転士数が最多」「運転以外のサービス例が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※登録運転士数:トランスアクトのみ記載有。
※対応できるサービス例:トランスアクトは秘書業務、総務業務、簡単なお買い物の3例。トータルドライバーサービスは簡単な秘書業務、総務業務、英会話対応の3例。
※スポット料金:トランスアクトは38,500円~、ボランチは31,900円~(9h利用・法人の場合。すべて税込)
※掲載されている各情報は2021年9月1日時点のものです。