Noble Driver TOKYO 高品質な役員運転手派遣サービスin東京 ≫ 役員車のドライバー選び ≫ 役員車の車種はなにがベスト?

役員車の車種はなにがベスト?

役員車は、乗車する役員の好みに合う車種が望ましいです。しかし、どのような車種を選べばいいか迷うかもしれません。派遣会社が所有している車種に、役員車に相応しいものがあるか確認しましょう。ここでは、役員車の選び方のポイントを紹介します。

役員車を選ぶポイント

様々な車種がありますが、役員車であれば、役員に相応しいものを選ばなければいけません。ポイントは、「車種」「メーカー」「グレード」です。この3点にポイントを絞れば、役員が満足する車を選びやすくなります。

車種

役員車の車種は、各自動車メーカーのセダンタイプの中で最上位クラスの車種から選定するといいでしょう。国産車でいうと、トヨタならセンチュリー、レクサス、クラウンが有名です。日産はシーマ、フーガが役員車によく使われています。外国製であれば、ベンツのSクラス、BMWの7シリーズが多いです。国産メーカーにこだわりがある役員であれば、ホンダのレジェンド、スバルのレガシィ、マツダ6、スズキのキザシなどが挙げられます。

メーカー

役員車として人気のメーカーは、トヨタ自動車。センチュリー、レクサス、クラウンなどのセダンタイプの他に、複数名で乗車することがある場合は、ワンボックスタイプのアルファードなどがあり、役員に合わせた車種を選べます。

会社の主要取引先や系列の関係があるなど、会社の事情に合わせてメーカーを選ぶこともあるでしょう。特に製造業ではこうした要素が重要です。実際に乗車する役員の好みも考慮してください。

グレード

グレードは、特定の役員の専属車が共同利用する車かによって、決め方が異なります。共同利用する場合は、クラウンクラスが多いものの、社長や上席役員の車のグレードとのバランスで選定が必要です。特定の役員が乗車する場合は、基本的にはその役員の好みや予算で決めますが、社長車より専務車の方が高グレードということがないよう他の役員とのバランスも考慮しましょう。

役員車両で人気車種

ロールスロイス

誰もが知る高級車のひとつロールスロイス。イギリス発祥の高級車です。航空機産業での実績もあり、旅客機のエンジンでロールスロイス製のものが活躍しています。航空機に使えるほどの技術が自動車にも使われているという点に魅力を感じる人は多いでしょう。

日本の天皇陛下の御料車として利用されたこともあるロールスロイスは、格式を重んじる社長にぴったり。おもてなしを受ける車のイメージがあるため、気分よく乗車してもらえるのではないでしょうか。

ベントレー

ロールスロイスと同じイギリスの高級車です。ロールスロイスがおもてなし車のイメージであるのに対し、ベントレーはスポーツカーのイメージが強いブランド。1923年~1930年の”ル・マン24時間”の耐久レースでは5回も総合優勝するほどの耐久性の高さも魅力です。

ビジネス向けの車種もあります。車好きの役員は、ひそかにベントレーのファンのかもしれません。「ベントレーはどうですか?」と聞いてみて、反応を確かめると決めやすいでしょう。

メルセデス・ベンツ

ドイツ発祥の有名高級車メルセデス・ベンツ。車に詳しくない人でも知っている高級車の代名詞的存在です。メルセデス・ベンツも”ル・マン24時間”の耐久レースで活躍していました。エンジンに定評がある車です。

これほど有名であるがゆえに、メルセデス・ベンツには人によって様々なイメージを持っていることがあります。メルセデス・ベンツを役員車に考えているなら、役員にメルセデス・ベンツが好きか聞いてみるといいでしょう。

センチュリー

トヨタ自動車の人気車種センチュリー。大臣や都道府県知事、企業の役員車としてセンチュリーが活躍しています。日本のリーダーが乗る車と言っても過言ではないでしょう。

センチュリーの特徴は、左後部座席が主役という点にあります。後部座席が広く、シートの質感や装備品が運転席より充実仕様。ドライバーズカーではありません。運転手ではなく後部座席に座る人がいかに快適に過ごせるかを極めた、重要人物を乗せるための専用車と言えます。

レクサス

レクサスもトヨタ製の高級車です。レクサスLS、レクサスLSハイブリッド、レクサスLX、レクサスUX、レクサスISなど複数の車種がある中で、最上グレードはレクサスLS。社長車に向いている車です。

LSは「ラグジュアリーセダン」の略。その名称の通り、快適な乗り心地を誇っています。なんと座席にはマッサージ機能付き。疲れた体をリラックスして休められる車と言えそうです。本革採用で重厚感あふれる内装も人気の理由のひとつです。

アルファード

アルファードは、高級ミニバンです。大衆車としても人気のミニバンですが、実は役員車としても利用されています。

アルファードは、レクサスなどと比較しても室内空間の広さは圧倒的です。車内でも仕事をしたい役員にとっては、広い空間は嬉しい要素。お客様や他の役員と同乗して打合せをする場面でも、窮屈な思いをしません。その広さゆえに、乗り降りもとても楽。電動でオットマンや座席の調整ができるため仮眠もとれます。

選ぶときの注意点

役員車を選ぶときは、メーカーより先に国産車か外国車かを決めると選びやすくなります。国産車を選ぶと、見慣れた車種が多いことから一般の人から見て親しみやすさを感じるでしょう。消費者から見て親しみやすい社長というイメージづくりに貢献できます。外国車は人の目を引くため、憧れの対象としてのブランディングができそうです。

高級車は購入するとなれば納品まで時間がかかったり、燃費など経費面を気にしたりと気をもみがちですが、業者を利用すればすぐに好みの車を手配してもらえます。役員運転手を選ぶときは、好みの車種を取り揃えているかどうか確認してください。

役員車のドライバーの選び方を詳しく見る

運転が上手いのは当たり前。
プラスαの満足度で選ぶ東京の役員運転手派遣サービス

しっかりした教育制度を前提としたうえで、それぞれ費用人材融通でおすすめできる役員運転手サービス3社を紹介しています。

【運転手人材の豊富さ】
で満足度アップ

トランスアクト
  • 3000名近い登録運転士から、適材適所の人材が見つかる
  • 経営者経験を持つ専属コーディネーターの丁寧なヒアリング
  • 秘書サービスと連携したハイレベルな接客接遇教育
運転士数
2834名

※2021年9月1日時点

  • 対応エリア:関東1都3県・名古屋・大阪・京都・神戸
  • 所在地:東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407
  • 電話番号:03-3433-8200

【リーズナブルな料金】
で満足度アップ

トータルドライバーサービス
  • 平日9h/日のロング稼働でおトクに使える
  • 月額定期契約は396,000円~とリーズナブル
  • 最短2時間からのスポット利用も可能で経済的な運転手サービス
スポット料金
(9h・法人)
27,500円~

※通勤費・食事代・通行、駐車料金等は実費

  • 対応エリア:東京23区
  • 所在地:東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館ビル8F
  • 電話番号:03-5777-6633

【雑務対応の柔軟性】
で満足度アップ

ボランチ
  • クリーニング店への持ち込み・引き取りなども可
  • タバコやお酒の買い出しなどのちょっとした買い物にも
  • 動物病院への送迎やペットのお散歩など、幅広い対応力を持つ
対応できる
サービス例
クリーニング
買い物、ペット送迎
力仕事、英会話対応
  • 対応エリア:関東1都3県
  • 所在地:東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田 ドゥメゾン908
  • 電話番号:03-6431-8811

※Googleで「役員運転手派遣 東京」と検索し、東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。運転手の教育制度・利用料金について明記している企業のなかで、「利用料金が最安」「登録運転士数が最多」「運転以外のサービス例が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※登録運転士数:トランスアクトのみ記載有。
※対応できるサービス例:トランスアクトは秘書業務、総務業務、簡単なお買い物の3例。トータルドライバーサービスは簡単な秘書業務、総務業務、英会話対応の3例。
※スポット料金:トランスアクトは38,500円~、ボランチは31,900円~(9h利用・法人の場合。すべて税込)
※掲載されている各情報は2021年9月1日時点のものです。