Noble Driver TOKYO 高品質な役員運転手派遣サービスin東京 ≫ 役員車のドライバー選び ≫ 働き方改革を守るための役員運転手の働き方とは

働き方改革を守るための役員運転手の働き方とは

2019年に働き方改革が改訂され、役員運転手の働き方も見直されてきています。ここでは、働き方改革のポイントと働き方改革に合わせた役員運転手の雇用方法について詳しく解説していきます。

働き方改革のポイントは3つ

時間外労働の上限規制

働き方改革によって、時間外労働に上限規制が定められました。働き方改革以前の労働基準法では「法定労働時間は8時間/日・40時間/週」と定められており、この法定労働時間を超える場合は、36協定の締結と労働基準監督署長への届け出が必要でした。

今回の改定後では残業時間は「45時間/月・360時間/年」と時間外労働に上限が設けられました。さらに、超過して働かせた場合には労働基準法違反となり「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」という罰則を受ける可能性があります。

参照元:厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/content/000463185.pdf

年次有給休暇の取得義務

2019年4月からは「年5日の年次有給休暇の確実な取得」が義務付けられています。これまでは有給休暇に関する義務はありませんでしたが、現在は有給休暇が10日以上与えられている場合、年5日は有給休暇を取得することが義務付けられています。

これに違反した場合は、30万円以下の罰金に処せられる可能性もあります。

参照元:厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

正社員・非正規社員の待遇差禁止

正社員と非正規社員の「同一労働同一賃金」が求められています。同じ仕事をしていても、正社員・派遣社員・パート・アルバイトでは賃金や福利厚生の面で待遇格差が生まれてしまいます。しかし、非正規雇用が増加の一途をたどる昨今では、多用する働き方の中でもすべての従業員に活躍の場と賃金を平等に与えるべき、という考え方にチェンジしています。

同一労働同一賃金になれば、従業員のモチベーションアップや生産性の向上につながるともいわれています。しかし、待遇格差については規定はなく、守らなくても罰則はありません。

働き方改革を守りながら役員運転手を雇用するには

勤務間インターバル制度の導入

働き方改革関連法で導入が努力義務となっているのが「勤務間インターバル制度」です。勤務間インターバル制度では、終業時刻から始業時刻までに一定のインターバルを設けることが求められています。勤務と勤務の間に一定期間の休息時間を設けることにより、役員運転手の心身的な疲労の回復と時間外労働過多を防ぐことができるでしょう。

役員運転手の増員

勤務間インターバル制度の導入が難しかったり、そもそも人員が足りなかったりするときは、役員運転手を増員する必要があります。役員運転手は正規雇用でなくても構いません。パートや契約社員で、人員が不足する部分や時間外にあたる部分だけを勤務してもらうという方法もあります。

時間外はハイヤーやタクシーを利用

役員運転手を増やすことが難しい場合は、ハイヤーやタクシーを利用するという方法もあります。タクシーの利用については好まない役員もいるかもしれません。導入については役員と話し合ってからにしましょう。

短時間や月に数回程度の利用であれば、ハイヤーやタクシーの利用がおすすめです。しかし、利用頻度が多いとかえって料金が高くなってしまうこともあります。役員運転手を増員した場合とハイヤーやタクシーを利用した場合でシミュレーションを行うとよいでしょう。

時間外は派遣・請負の役員運転手を利用

役員運転手を専門に取り扱っている派遣会社を利用するのも一つです。役員運転手の派遣については、月極契約とスポット契約の2種類があります。利用頻度が高い場合は月極契約、単発で利用したい場合はスポット契約を利用しましょう。

時間外労働が多くなりそうな場合でも、派遣会社に相談すれば対応方法を考えてくれます。

断続的労働の適用除外制度の申請

役員運転手など、待機時間が長い職種に適用される制度が「断続的労働の適用除外制度」です。実作業が間欠的でありながら実作業時間の合計が8時間を超えず、待機時間が実作業時間以上になる場合に適用されます。

断続的労働の適用除外制度が適用されれば36協定の適用外となり、労働時間の規制はなくなります。必ず適用されるわけではありませんが、制度を利用したい場合は労働基準監督署に許可を得ましょう。

まとめ

待機時間が長く実作業が間欠的な役員運転手にとって、働き方改革を遵守することは難しい問題です。しかし、違反をすると罰則を受け、信用失墜となってしまいます。そのようなことがないように、これまでの内容を踏まえて状況に合った方法を検討しましょう。人員不足を解消するのであれば、スポット契約のある役員運転手の派遣・請負会社の利用がおすすめです。短期間での利用ができる上に、派遣会社で教育を受けた役員運転手が即戦力となってくれます。

運転が上手いのは当たり前。
プラスαの満足度で選ぶ東京の役員運転手派遣サービス

しっかりした教育制度を前提としたうえで、それぞれ費用人材融通でおすすめできる役員運転手サービス3社を紹介しています。

【運転手人材の豊富さ】
で満足度アップ

トランスアクト
  • 3000名近い登録運転士から、適材適所の人材が見つかる
  • 経営者経験を持つ専属コーディネーターの丁寧なヒアリング
  • 秘書サービスと連携したハイレベルな接客接遇教育
運転士数
2834名

※2021年9月1日時点

  • 対応エリア:関東1都3県・名古屋・大阪・京都・神戸
  • 所在地:東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407
  • 電話番号:03-3433-8200

【リーズナブルな料金】
で満足度アップ

トータルドライバーサービス
  • 平日9h/日のロング稼働でおトクに使える
  • 月額定期契約は396,000円~とリーズナブル
  • 最短2時間からのスポット利用も可能で経済的な運転手サービス
スポット料金
(9h・法人)
27,500円~

※通勤費・食事代・通行、駐車料金等は実費

  • 対応エリア:東京23区
  • 所在地:東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館ビル8F
  • 電話番号:03-5777-6633

【雑務対応の柔軟性】
で満足度アップ

ボランチ
  • クリーニング店への持ち込み・引き取りなども可
  • タバコやお酒の買い出しなどのちょっとした買い物にも
  • 動物病院への送迎やペットのお散歩など、幅広い対応力を持つ
対応できる
サービス例
クリーニング
買い物、ペット送迎
力仕事、英会話対応
  • 対応エリア:関東1都3県
  • 所在地:東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田 ドゥメゾン908
  • 電話番号:03-6431-8811

※Googleで「役員運転手派遣 東京」と検索し、東京エリアの役員向け運転手派遣サービスを39社調査。運転手の教育制度・利用料金について明記している企業のなかで、「利用料金が最安」「登録運転士数が最多」「運転以外のサービス例が最多」の会社をそれぞれ選定しています。
※登録運転士数:トランスアクトのみ記載有。
※対応できるサービス例:トランスアクトは秘書業務、総務業務、簡単なお買い物の3例。トータルドライバーサービスは簡単な秘書業務、総務業務、英会話対応の3例。
※スポット料金:トランスアクトは38,500円~、ボランチは31,900円~(9h利用・法人の場合。すべて税込)
※掲載されている各情報は2021年9月1日時点のものです。